スポンサード リンク

介護予防指導士

現在、日本国内の介護の状況を見ると、少子高齢化社会につき、デイサービスセンターや老人保健施設、老人ホームなどは満員の状態で、介護施設に入所するまでに入所待ちの状態です。介護をされる状態になるよりも、まずは予防ケアが大切という観点に基づいて、介護予防指導士という資格が新たに創設されました。

 

介護される状態にならないためには、ふだんから健康維持につとめ、食生活や運動など、日常生活の過ごし方に十分注意する必要があります。
介護予防指導士は、今後は、介護福祉士やケアマネージャー、ヘルパーと同様にかなりニースの高い資格となりそうです。

 

介護を予防するのは大切でも、ひとりひとりがきちんと自覚して、介護を予防するためのケアを行い、行動を起こすのは難しい部分もあります。
介護予防指導士は、介護に関する専門的な知識と技術を持つことはもちろん、介護を予防ケアするための知識が必要とされます。

 

介護予防指導士は、日本介護予防協会が認定する資格であり、この資格を取得するにたり、所定の介護予防指導士講習を受講する必要があります。
現在、要支援・要介護状態になって介護されている高齢者の方の中には、脳梗塞などの思い病気を抱えていない人でも、段差につまづいてころんだばかりに骨折して、介護が必要となった方もいます。
介護予防指導士は、日常生活の中で食生活や口腔ケア、転倒予防など、自分自身でできる介護予防対策について、良きアドバイスを行うとともに、指導する立場にあります。

スポンサード リンク