スポンサード リンク

母性看護専門看護師

母性看護専門看護師とは、日本看護協会による専門看護師の資格のひとつであり、一言で言えば母親をケアする役割を果たしている看護師のことを指し、妊娠する前から妊娠中、出産時、そして乳児期までのケアを行います。
近年は、女性の社会進出が活性化してきたことから、日本人女性の初産年齢が遅くなっており、なおかつ少子化が進んでいる中で、母になるという自覚が薄れ、出産後も子育てに関する知識がないために、とまどう人も少なくありません。

 

母性看護専門看護師は、妊娠・出産・乳児期の子育てに関する専門的な知識と技術を持ち、高い専門性を活かして、母親に対して適切なアドバイスや指導を行い、母と子の健康管理はもちろん、地域に密着した活動を行い、女性の健康のサポートを行うなど、幅広い業務をこなしています。
母性看護専門看護師の果たすべき役割は、母と子に対してのサポートのみではなく、更年期の女性に対するケアや、思春期の女子のケア、サポートも行っています。

 

近年は、核家族が増えてきたことから、妊娠、出産に関する知識がなく、育児書や育児雑誌などを読みあさり、妊娠・出産・育児について知識を詰め込んで、マニュアルでしか覚えられず、いざ子育てが始まると、戸惑うことが多くなり、育児ノイローゼになり、育児放棄、虐待などが深刻な社会問題となっています。

 

母性看護師専門看護師は、母親としっかりコミュニケーションをとり、育児中にありがちな不安感を取り除くことも大切な役割となります。

スポンサード リンク