スポンサード リンク

慢性疾患看護専門看護師

 

慢性疾患看護専門看護師とは、日本看護協会による専門看護師の資格のひとつであり、これまでの看護の経験を活かしつつも、より幅広い知識と技術、高い判断力などを兼ね備えた慢性疾患の看護に関するプロフェッショナルです。

 

慢性疾患看護専門看護師を目指すにあたり、同協会では資格取得条件が定められています。看護師の免許を取得している人で、これまでに実務研修5年、そのうち3年以上の専門看護の分野において実務の経験があること、日本看護系大学協議会が定める専門看護師の教育課程を修了していることが条件となります。

 

慢性疾患看護専門看護師を目指す上で、慢性疾患の患者の行動理解、患者とその家族が抱える問題と背景に関する理解を深めること、医療福祉制度、慢性疾患の患者への支援に関する知識と技術、身体的・精神的・社会的・包括的なアセスメントについて専門的な知識を学びます。さらに、実習科目として、慢性疾患を持つ患者について、実務的な研修を受けます。

 

慢性疾患看護専門看護師の資格を取得して、医療の現場で専門的な知識と技術を活かせることによって、慢性疾患を抱えながらも、病気とうまくつきあい、日常生活において質の高い生活を営み、社会的対処能力、身体的な能力の向上につなげることができます。

 

一言で慢性疾患といっても、実にさまざまな疾患がありますが、近年はとくに生活習慣病の予防に力を入れており、糖尿病や高血圧などの予防ケア、慢性疾患の管理、療養支援などを行うのが、慢性疾患看護専門看護師の役割であると言えるでしょう。

スポンサード リンク