スポンサード リンク

慢性心不全看護認定看護師

慢性心不全看護認定看護師とは、慢性心不全の患者を対象に、心不全の症状が悪化しないように回避・予防ケアを行うスペシャリストであり、患者の自己管理能力を高めるためのアドバイスや指導を行います。

 

この資格は、日本看護協会による認定資格のひとつであり、資格を取得するにあたり、受験資格が設けられています。日本国内において、看護師、助産師、保健師のいずれかの国家資格を有する人で、実務研修が通算で5年以上、そのうちの3年以上は、ある特定の認定看護の分野において実務の経験があること、同協会による認定看護師の教育課程を修了していることなどが、受験資格を満たす条件となります。

 

慢性心不全看護認定看護師を目指すにあたり、授業料、入学金、入学検定料などが必要となります。専門的な教育を受ける期間は、6か月以上連続して受講することが必須です。

 

慢性心不全という病気は、心臓のポンプとしての機能が低下することが原因で、全身に必要な酸素が十分に供給されなくなり、血流が滞りやすくなります。高血圧や動脈硬化など、生活習慣病との関係も深く、予防ケアが必要とされます。
薬剤による治療を受けるのが一般的で、ふだんの生活習慣や食生活で十分な注意が必要です。

 

慢性心不全看護認定看護師は、医療チームの一員として、専門的な知識と経験、技術を活かして、患者とその家族の全面的な支援を行い、適切なアドバイスや指導を行います。
長い治療が続く中で、患者の不安感を和らげて、安心して治療に専念できるような環境作り、暖かい言葉をかけて、安心感を与えることも必要です。

スポンサード リンク