スポンサード リンク

養護教諭

養護教諭とは、おもに学校の保険教育のスペシャリストとして、児童や生徒に対して、心身の健康管理を行うといった業務を行う人のことを指します。
保健衛生に関する専門的な知識と、さらに医療、看護に関する知識が必要とされています。
養護教諭は、特殊学校の養護学校教諭とはまったく異なるものです。

 

養護教諭を目指すにあたり、教育職員免許法に基づき、養護教諭の免許を取得する必要があります。教員を養成する4年制の大学、または指定の看護大学などを卒業して1種免許を取得すること、もしくは保健師の資格を有する人で教育免許法に基づき、所定の単位を修得することにより、2種免許の取得が可能です。

 

養護教諭といっても、あまりピンとこないかもしれませんが、小学校や中学校など、学校の中に必ずあるのが保健室で、けがをしたときや頭が痛いときに、保健室の先生にお世話になった生徒は多いことと思います。

 

養護教諭は、簡単に言えば保健室にいる先生のことです。
体育の授業中にころんでけがをしたときに保健室に行けば応急処置をしてくれるのは、養護教諭です。けがや疾病に関する応急処置を行うだけでなく、近年は保健室に行くと、なぜかホッとするという生徒が増えています。児童や生徒とのコミュニケーションをとることも、大切な役割です。

 

保健室にいる先生は、生徒の目から見ると、保健室で生徒が来るのを待っているように見えて、あまり忙しくないように見えるかもしれません。
学校で、ふだん授業をすることはほとんどありませんが、健康や性教育などに関する教育・指導を行うことがあります。また、健康相談、学校の環境衛生の管理、保健情報の把握など、養護教諭は日々忙しく仕事をしています。

スポンサード リンク