スポンサード リンク

臨床研究コーディネーター

臨床研究コーディネーターとは、治験に関する専門家であり、医師の指示に従い、治験スタッフとして、業務を行う人のことを指します。臨床研究コーディネーターは、CRCとも呼ばれており、英語で「Clinical Research Coodinator」の頭文字をとったものです。
臨床研究コーディネーターが行う仕事のおもな流れについて、ご紹介しましょう。
治験の患者が来院すると、治験コーディネーターの資格を有するスタッフが対応して、面談が行われます。
外来診察に立ち会い、検査に同行して、服薬に関する指導が行われ、次回の来院の予約をして治験薬を交付するといった流れになります。

 

近年は、治験といった言葉を頻繁に耳にするようになりましたが、治験とは国の承認を得るための段階として、人体に使用して安全であると予測される物質を用いて、行われる臨床試験のことを指します。

 

現在、日本国内で治験が実施されている医療機関は全国各地でごく一部に限られています。医療設備が十分に備えられており、医師・看護師・薬剤師などが連携しあい、責任を持って治験を実施できること、万が一、緊急の場合において、適切な処置や治療が可能な体制が整っていること、といったすべての条件が満たされている医療機関に限定されています。

 

その中で、臨床研究コーディネーターが果たすべき役割は、非常に大きいものであり、責任感が強い人、来院患者とのコミュニケーションをとり、説得力のある説明ができる人に適しています。
臨床研究コーディネーターの資格は、厚生労働省主催で、株式会社メディカルアソシアにより、養成するための研修が実施されています。

スポンサード リンク