スポンサード リンク

臨床工学技師

臨床工学技士とは、医療系の国家資格のひとつであり、医師の指示のもとに診療の補助的な役割を果たしており、おもに生命維持管理装置の操作を行う業務を行う人のことを指します。
その名の通り、生命を維持していく上で関わりが深い装置を扱うわけですから、患者の命を預かるという重要な役割を担っており、責任重大です。

 

医師や看護師など医療スタッフとの連携を図り、医師による指示がなければ、生命維持管理装置の操作は自らの意思で判断して行うことはできないということが、臨床工学技士法により、定められています。

 

臨床工学技士が取り扱うことが許可されている生命維持管理装置とは、人工呼吸器・人工心肺装置・血液透析などがあります。
その中で、臨床工学技士のおもな業務は、呼吸療法・人工心肺・高気圧治療・血液浄化・心臓カテーテル検査にともなう業務・手術室での業務などがあります。

 

臨床工学技士の資格は、国家資格であり、厚生労働省主催による国家試験が実施されています。臨床工学技士と関連深い民間資格には、透析技術認定士、臨床ME専門認定士、臨床高気圧治療技師と呼ばれる資格が存在しています。

 

臨床工学技士が果たすべき役割と、その責任は非常に重大であるにも関わらず、国家資格の中では、臨床検査技師や放射線技師と比べても知名度の面ではいまひとつといった感じで、歴史が浅いと言われています。しかしながら、臨床工学技士は、医療機関や医療機器メーカーなどで今後はますますニーズが高まるものと思われます。

スポンサード リンク