看護師が行う仕事とは

看護師とは、保健師助産師看護師法によって、
「厚生労働大臣の免許を受けて、傷病者もしくは褥婦に対する
療養上の世話又は診療の補助を行うことを業とする者」と定められています。

 

そして、看護師は国家資格で、
現在、看護師の7割以上が「病院」で活躍し、
残りの3割ほどは、クリニックや医院などの診療所、
介護福祉施設、保健所等の行政サービス、
訪問看護ステーション等で活躍しています。

療養上の世話とは

療養上の世話とは、病気や障害を持つ人の生活を支えることで、
たとえば、病気や障害等によって一人で食事や着替え、入浴や移動、
排泄や休息などができない状況にある人への身の回りの世話をします。

 

そして、患者さんに安心して療養生活を送ることができるように
サポートします。

診療の補助とは

診療の補助とは、医師が行う患者さんへの検査や処置、治療の介助、
病状の報告等を行い、病気の診断や治療に必要な補助やサポートを行います。

 

具体的には、患者さんの血圧や脈、呼吸などの身体の状態を直接確認したり、
痛みなどの訴えを聞き、医師に病状を報告したり、
検査や治療の準備や介助、注射を行うなど、
患者さんの怪我や病気の治療の補助をします。

 

そして、これらは、看護師だけが行うことができる
独占業務です。

人々の健康な暮らしを支える

看護師は、新たな命の誕生から最期まで、
生涯を通じた全ての人々を対象として仕事をします。

 

そして、人々の身体や心の変化を見ながら、
人々の健康な暮らしを支え、
病気の予防や健康の保持増進を目的とした教育活動も行います。