スポンサード リンク

准看護師とは

准看護師は、都道府県知事による免許を取得すると、
看護の仕事をすることができます。

 

しかし、国家試験に合格した看護師とは異なり、
「医師、歯科医師、または看護師の指示を受けて傷病者もしくは
褥婦に対する療養上の世話、又は診療の捕助をする者」というように、
保健師助産師看護師法第6条に定められています。

 

つまり、准看護師は、看護師と同じ仕事ではなく、
医師や看護師から指示を貰わないと仕事ができません。

 

患者さんや家族からは、看護師と准看護師の区別が殆どつかないなど、
看護師との違いは明確ではないのですが、
准看護師は指示がないと仕事ができないので、
看護師のように自らで判断し、主体的に看護を提供することはできません。

 

そして、准看護師と看護師とでは、
教育内容も異なります。

 

准看護師になるためには、中学校を卒業後、
准看護師養成所(2年)、もしくは、高等学校衛生看護学科(3年)を卒業し、
各都道府県が行う准看護し試験を受ける資格を取得、
この試験に合格すると、都道府県知事から准看護師の免許が交付され、
准看護師として働くことができるようになります。

 

看護師の国家資格と同様、全国で通用する資格ですが、
准看護師になってから、「看護師」になる人も多く、
看護師の資格を取得するための道のりとして捉える人も少なくありません。

 

准看護師になってから看護師になるためには、
看護師学校養成所(2年、定時制では3年)で学ぶことが必要です。

 

看護師になるための道のり、ステップとして考えるのであれば、
決してムダな道のりではありませんが、
看護師になるために時間がかかりすぎると考える人も多くいます。

 

また、看護師学校養成所への入学資格は、高等学校を卒業している准看護師、
高等学校を卒業していない場合は、3年以上の実務経験のある准看護師、
通信制希望の場合は、10年以上の実務経験のある准看護師というように複雑です。

 

准看護師は、教育機関が短く、
医師や歯科医師、看護師の指示を受けて働くため、
給与も看護師に比べると低く抑えられています。

 

また、准看護師の養成を廃止する県も出てきています。

 

准看護師という進路を選択するのであれば、
今後は慎重に考えるべきでしょう。

スポンサード リンク