スポンサード リンク

グリーフケアアドバイザー

グリーフケアアドバイザーとは、日本グリーフケア協会による認定資格で民間資格となります。
グリーフケアという言葉には、まだあまりなじみがないことと思います。
グリーフという言葉は、悲嘆という意味を持ち、精神的な反応として自責感や無力感、身体的な反応として食欲障害、血圧の上昇、下痢、頭痛、肩こり、めまいなどの症状、日常生活における行動について、悲観的になったり、わけもなく涙があふれるなど、一言で浸すと言っても、実にさまざまな悲嘆による反応があります。

 

現代社会はストレス社会であり、心の時代とも言われていますが、精神的なストレスやショックにより、悲嘆するパターンにはショック期や喪失期などさまざまな期間があります。
グリーフケアアドバイザーは、日常生活の中で起こりうるさまざまな苦しみや悲しみについて、癒すためのお手伝いをする人のことです。

 

グリーフケアアドバイザーは、介護や医療の現場で、学校などの教育の現場で、今、そのニーズが高まりつつあります。
グリーフケアアドバイザーの資格を取得するには、グリーフアドバイザー2級・1級・特級のいずれかの講座を修了して認定を受ける必要があります。資格を取得するにあたり、グリーフケア・アドバイザー2級の受講資格は、申請時に20歳以上の年齢に達していれば、誰でも受講できます。

 

講習期間は1日で、1級の受講期間は2日間、特級の受講期間は3日間となります。
グリーフケア・アドバイザーの認定資格は、講習を受講したあとに、終了認定証とともにIDカードが交付されることで、正式に資格を取得することになります。

スポンサード リンク