スポンサード リンク

ケアマネージャー

ケアマネージャーとは、正式には介護支援専門員と呼び、介護が必要とされる方やその家族に対して、在宅介護支援を行うなど、介護に関するさまざまなサポートを行う仕事です。
ケアマネージャーは、居宅介護支援事業所や介護老人福祉施設などに所属しています。

 

ケアマネージャーは、都道府県知事から資格が付与されるもので、資格の分類上では公的資格として存在しています。
ケアマネージャーは、誰でも取得できる資格ではなく、資格取得には社会福祉士や介護福祉士、歯科医師や医師、看護師や准看護士、言語聴覚士や鍼・灸師、栄養士や管理栄養士、作業療法士などの法定資格を取得している人で、なおかつ5年以上の実務経験がある人に対して、ケアマネージャーの資格が取得できます。

 

ケアマネージャーを目指すには、介護や医療の現場に携わってきた経験を持つ人のみに限定されています。受験資格を満たした上で、ケアマネージャーになるには、介護支援専門員実務研修受講試験に合格する必要があります。

 

介護支援専門員実務研修受講試験に合格するには、専門学校に通学して学ぶ方法や、通信講座を受講して学ぶ方法があります。試験を受けるにあたり、保持する資格によっては、科目免除があります。

 

介護支援専門員実務研修受講試験は、毎年6月または7月より受験申込書が配布され、申し込み受付がスタートして、毎年10月に実施されています。合格発表日は、12月上旬で、都道府県により受験申込開始日や試験の実施日が異なります。

 

ケアマネージャー 看護師

 

ケアマネジャーの受験資格

(1)以下の資格を取得しており、実務経験5年以上を経過している者医師、歯科医師、薬剤師、保健婦・士、助産婦、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゅう師、栄養士(管理栄養士を含む。)、義肢装具士、言語聴覚士、歯科衛生士、視能訓練士、柔道整復師、精神保健福祉士で、その資格に基づき当該資格に係る業務に従事する者(これ以外の国家資格等は該当しません)
※業務については、要援護者に対する直接的な対人援助が、当該者の本来業務として明確に位置づけられていることが必要です。
当該資格等を有していても、要援護者に対する直接的な対人援助ではない(研究業務を行っているような期間)は、実務経験期間に含まれません

 

(2)試験日までに社会福祉主事任用資格またはホームヘルパー2級課程に相当する研修を修了しており、実務経験5年以上かつ900日経過している者

 

(3)介護等の業務に従事する者で、試験日までに10年以上かつ1,800日以上の実務経験を有する者

 

(4)法令等に基づいて相談・援助業務に従事する者を配置することとされている施設や事業において当該業務に従事する者(実務経験5年以上かつ900日)

どんな所で活躍できるの?

介護関連施設(特に居宅介護支援事業所)ではケアマネージャーなしでは事業が進まないので多くのケアマネージャーが活躍しています。
介護老人福祉施設、認知症対応型共同生活介護施設や特定施設入居者生活介護施設などでも活躍できるでしょう。
また、総合病院の訪問看護部門や入退院支援課等で活躍されている方も多くいらっしゃいます。

 

医師と連携をとりながら、患者さんの希望や家族の負担、患者自宅の住環境なども考慮して患者さんの支援計画を練っていきます。
自宅に帰ることを諦めていた患者さんをサポートして、
自宅に帰れることになると、患者さん自身にやる気が出て、
食欲が増したり、ひとりでトイレに行けるようになることも・・・。
そんな患者さんを見守り、サポートできるのがケアマネージャーのやりがいではないでしょうか?

ケアマネージャー資格講座の無料請求

ケアマネージャーの資格取得に興味をお持ちの方は、
ぜひ講座の無料請求をしてみてください。

 

無料ですし、資料請求しても勧誘の電話もかかってこないので安心してください♪

 

資料請求のやり方は簡単♪
こちらのページをクリックすると、下の画面が表示されます。

 

「ケアマネージャー」にチェックを入れて
「資料送付先の入力画面」へをクリックしてください。

 

ケアマネージャー

 

請求したい都道府県にチェックを入れて、「選択した都道府県の講座を確認」をクリックします。

 

看護師 ケアマネージャー

 

送付先の情報を入力してクリックします。

 

看護師 ケアマネージャー 資料

 

最後に「お取り寄せ終了」をクリックすれば完了♪

 

まずは無料資料請求をしてみましょう!!
   ↓↓↓
看護師 ケアマネージャー 資格

スポンサード リンク