スポンサード リンク

血管診療技師(CVT)

血管診療技師(CVT)は、血管に関わる疾患に関する気知識から専門的な知識や、血管疾患診療に関する知識や技術について習得して、脈管疾患における治療について関わるスペシャリストとして認定される試験で、血管診療技師認定機構により、試験が実施されています。

 

血管診療技師認定試験に合格後は、血管診療技師の資格を取得することができますが、5年ごとの更新制となっています。更新にあたり、所定の更新用講習会を受講する必要があります。

 

血管診療技師認定試験は、2006年より試験が実施されて以来、これまで多くの医療従事者が受験して合格後は、全国各地のCVT在籍病院などで資格を活かして活躍しています。
血管診療技師認定試験を主催している血管診療技師認定機構は、日本血管外科学会・日本静脈学会・日本脈管学会の3つの学会によって構成されています。

 

血管診療技師(CVT)に要求される専門的な知識や技術は、リンパ感を含む血管疾患の病態に関する基礎的な知識から専門的な知識、血管疾患診療の実技に関する専門的な技術などです。
血管診療技師認定試験の受験資格は、日本国内での看護師・准看護士・診療放射線技師・臨床工学技士・臨床検査技師のいずれかの資格を取得しており、3年〜5年程度の実務経験がある人と定められています。
また、血管疾患について専門とする医師について、血管疾患診療に関する経験を持っている人と定められています。これらの中から、いずれかの条件を満たしている人に対して、認定講習会を受講する資格を持ち、資格取得には、認定講習会を受講する必要があります。

スポンサード リンク