スポンサード リンク

健康医療コーディネーター

健康医療コーディネーターは、一般社団法人 日本健康医療学会による認定試験です。
看護師や医師など、医療に従事している人を対象とした認定資格です。
日本健康医療学会の認定医になるには、健康医療コーディネーターの資格を取得することが必須となります。

 

健康医療コーディネーターの資格を取得するには、日本健康医療学会が主催する講演会に参加して、研修会費と審査料を支払い、認定審査が行われます。
講演会は、ただ話の内容を聞けば良いというものではなく、講演が行われた内容について、四肢一択でテストが行われ、認定審査がその日のうちに実施されます。
合格後に、6,000円の認定登録料を支払う必要があります。ただし、日本健康医療学会の会員は認定登録料は免除されます。

 

日本健康医療学会の会員は、正会員・施設会員・賛助会員の3種類の会員制となっています。
正会員は、医師や看護師、健保組合の関係者などで、施設会員は日本健康医療学会が対象とする分野について学術として興味を持ち、健康や医療に関する診療や研究について実施している施設が会員の対象となります。賛助会員は、個人や企業を問わず、会の趣旨に添い、賛同する個人や団体が対象です。

 

健康医療コーディネーターは、看護師として従事している人がさらにスキルアップして、医療のもっと深い分野に踏み込み、専門的な知識を身に付けたい方などに適しています。
健康医療コーディネーターは、日々の健康維持のため、予防医学の観点に基づいてコーディネートする役割を果たしています。

スポンサード リンク