スポンサード リンク

思春期保健相談士

思春期保健相談士とは、思春期の子どもに対して、専門的な知識や経験を活かして、相談に応じて良きアドバイスをしたり、支援活動を行う仕事をしている人のこさを指します。
現在、思春期保健相談士として活躍している人たちは、医師や看護師、保健師、看護教員、助産師など医療系の資格を有する人たちが、思春期保健相談士の資格を取得しています。
平成15年度より名称が変更になり、従来は「思春期保健相談員」と呼ばれていた資格が、思春期保健相談士となりました。
思春期保健相談士は、社団法人日本家族計画協会 (JFPA) による認定資格です。

 

思春期とは、一般的に12〜18歳ぐらいの年齢のことを指す言葉であり、この時期になると身体的にも生理的にも発達段階になります。体はどんどん大人に近づいているのに、心はまだ子どものままで、アンバランスで不安定な時期でもあります。

 

思春期保健相談士の資格取得後は、教育・福祉・医療・行政などさまざまな現場で資格を活かして仕事をすることができます。
思春期保健士に多く寄せらる相談内容のひとつが、思春期の女の子に多いのが、ダイエットに関する悩みです。無理なダイエットをして体調をくずすこともありますので、無理な食事制限や運動をしないようにアドバイスすることもあります。

 

思春期は、ちょっとした言葉に敏感で傷つきやすくなり、そして早く大人になりたいと思い、つい背伸びをしてしまうものです。
思春期の子どもたちの成長過程を優しく見守りながら、適切なアドバイスをすること、それが思春期保健相談士の使命です。

スポンサード リンク