スポンサード リンク

BLSヘルスケアプロバイダー

医療に従事する人のための資格として、BLSヘルスケアプロバイダーという資格についてご存知でしょうか。BLSヘルスケアプロバイダーと聞いて、インターネット接続のプロバイダ業者と思う人もいるかもしれませんね。もともとプロバイダとは、英語で提供する人、または供給する人といった意味を持つ言葉です。

 

BLSヘルスケアプロバイダーの「BLS」とは、「Basic Life Support」という言葉の頭文字をとった呼び方であり、直訳すると基本的な生命のサポートという意味になりますが、BLSヘルスケアプロバイダーは一次救命処置のことを指す言葉です。

 

心肺停止の状態になった場合、一刻の猶予もならず、命を救うためには、適切な処置が必要があり、刻一刻を争うほどです。一次救命処置は、心配停止の状態になった患者に対して、とくに医療用の特別な器具を用いるのではなく、心臓マッサージや人工呼吸をすることです。

 

BLSについて大きく2つに分類すると、一般向けと医療中じゃ向け、つまり医療のプロ向けに分けられます。一般向けのBLSは、消防署や赤十字社などで救命に関する講習で行われている方法であり、医療従事者向けのBLSは、救命士や医師、看護師など、人の命を預かっている人たち全般を含めて、ヘルスケアプロバイダーといった呼び方をします。

 

医療に携わる者として、患者の容態が急変した場合に、すみやかに対応するためには、BLSへメスケアプロバイダーの資格を有することで、適切な処置ができて、患者の生命を救うことができるかもしれません。

 

BLSヘルスケアプロバイダーは、心肺蘇生法を学ぶことになります。BLSヘルスケアプロバイダーの資格試験は、筆記試験と実技試験が実施されており、合格基準は全20問中17問以上正解であり、85%以上の点数を取得すると合格と判定されます。

スポンサード リンク