スポンサード リンク

社会福祉士

福祉の分野でもっともニーズが高く、もっともよく知られている資格は、社会福祉士です。社会福祉士は、国家資格のひとつであり、介護福祉士や精神保健福祉士とともに、三福祉士と呼ばれていますね。
社会福祉士は、介護福祉士法において定められた資格であり、現在、医療機関や福祉施設などで、多数の人が資格を活かして仕事をしています。
社会福祉士は、ソーシャルワーカーと呼ばれることもあります。

 

社会福祉士は、子どもや障害者、高齢者、子ども、地域住民、医療機関の入院患者や外来患者などに対して、社会福祉の立場からさまざまな支援を行っています。

 

社会福祉士は国家資格ですから、受験資格が定められています。
福祉系の短大または大学、専門学校などで指定科目を履修していること、障碍者や児童福祉に関する実務経験が一定期間以上であること、といった条件が定められています。

 

受験資格を満たしていれば、通学講座や通信講座の受講で、社会福祉士の資格試験のための勉強ができますので受験できます。社会福祉士の国家試験は、毎年1月下旬頃、年1回実施されています。

 

社会福祉士の仕事に向いている人は、人との関わりを大切にしながら、コミュニケーションが円滑にとれること、社会的に立場が弱い人たちに対して温かい心を持って接することができる人です。福祉の仕事をしていく上で、健康で冷静な判断ができて、温かい心を持ち、福祉に関する専門的な知識や技術が活かせることが必要とされています。

スポンサード リンク