スポンサード リンク

消化器内視鏡技師

これまでは個人医院や病院で看護師の資格を活かして仕事をしてきた人も、今後はさらにスキルアップしたいと意欲を燃やしている女性も増えていますね。
そんな中で、今、看護師や保健師、薬剤師、臨床検査技師など医療に携わる人に関心が高く寄せられているのが、消化器内視鏡技師の資格です。

 

消化器内視鏡技師とは、日本消化器内視鏡技師会の認定による資格で、消化器内視鏡の診療を行う医師の補助的な業務を行う医療従事者向けの資格です。
消化器内視鏡技師のニーズが、近年急速に高まっている背景として、医療のさまざまな現場で、メスを使わない手術として内視鏡検査や内視鏡による手術が一般的に行われるようになったことにあります。

 

消化器内視鏡技師の資格は、第2種と第1種に分類されており、第1種は第2種の上位資格となります。看護師や保健師、薬剤師、臨床検査技師などの国家資格を取得している人は、とくに受験資格を問いません。

 

消化器内視鏡技師の資格は認定試験であり、口頭での審査や学術による審査、書類審査などで総合判定され、合格した後は、更新制により、5年後に更新手続きが必要となります。
消化器内視鏡技師の資格を取得すると、消化管内視鏡検査での治療の介助、補助業務に携わることができますので、これまで以上に仕事の幅がより広げられることになります。
ただし、内視鏡検査を行うのはあくまでも医師であり、消化器内視鏡技師の資格を有するからといって、医師の資格を持たない人が、内視鏡検査を行うことはできません。

スポンサード リンク