スポンサード リンク

助産師

助産師は、医療系資格の中では一般的によく知られており、従来は助産婦と呼ばれていた資格が2002年3月より保健師助産師看護師法に改定されたことにより、助産師という名称に変更されました。
助産師は、戦前には産婆、産婆さんと呼ばれていましたが、時代の流れとともに変化して、現在は助産師といった呼び方が浸透してきました。

 

助産師は、女性の妊娠から出産に関するさまざまなアドバイスや指導、ケアを行う仕事であり、一昔前の産婆さんのように、自宅で出産するお母さんの赤ちゃんを取りあげる仕事といったようなイメージは薄れてきました。

 

助産師は、助産院を開業することも可能で、もちろん病院や保健所、診療所などの医療機関において活躍している人もたくさんいます。
女性の一生の中で生む子どもの数が年々減少する傾向にあっても、助産師の仕事は、ただ出産シーンに大きく関わるだけの範囲にとどまることなく、出産前後の健康維持についてサポートを行い、全面的に支援するといった役割を果たしています。

 

妊婦や産後の女性に対して、に津城生活での注意点や食生活に関するアドバイスや指導を行うのも、助産師の大切な仕事のひとつです。
助産師は看護師と並んで国家資格であり、年1回毎年2月中旬頃に国家試験が実施されています。助産師を目指すには、助産学専攻科のある大学や専門学校、短大を卒業していることが前提となります。

 

国家試験では、基礎助産学・地域母子保健及び助産管理・助産診断・技術学について、専門的な知識が問われます。

スポンサード リンク