スポンサード リンク

弾性ストッキング・コンダクター

弾性ストッキング・コンダクターという言葉を耳にしたことはありますか?弾性ストッキングとは、医療器具のひとつであり、リンパ管疾患や静脈疾患を持つ患者の治療法であり、予防ケアに必要な医療器具です。

 

2005年4月に、弾性ストッキングが医療器具として正式に認められたことにより、使用頻度が増えてきたこともあり、取扱いには十分注意して、正しい使用法を理解しておかなければなりません。
弾性ストッキング・コンダクターは、日本静脈学会による認定資格で、資格を取得した人は、患者に弾性ストッキングの正しい着用方法について指導を行うことができます。
下肢静脈瘤の病気にかかっている患者などに対して、治療が行われている医療機関では、弾性ストッキング・コンダクターの資格を取得した看護師が増えてきました。

 

弾性ストッキングは、とくに下肢静脈瘤の治療においては、必要不可欠な医療器具であり、患者が安心して使いこなせるように、責任を持って指導していく必要があります。
弾性ストッキング・コンダクターを目指すために、基礎的な知識から専門的な知識や技術が必要とされます。

 

資格取得にあたり、おもに圧迫療法の役割やリンパ浮腫の予防と治療、体のむくみのメカニズム、弾性ストッキングの種類と選び方、正しい使用法などについてじっくり学んでいきます。この資格は、静脈疾患やリンパ浮腫などの病気の治療経験がある医師や、これらの病気について、医師のサポートをした経験がある看護師などに適しています。

スポンサード リンク