スポンサード リンク

ICLSインストラクター

ICLSインストラクターの資格についてご紹介しましょう。ICLSとは、「Immediate Cardiac Life Support」という言葉を省略した呼び方で、日本救命医学会が認定する医療従事者向けの蘇生トレーニングのことを指します。

 

患者の容態が急変して、今にも呼吸が危ないというときには、一刻の猶予もなく、すみやかに適切な処置を行うことにより、患者の命が助かることもあれば、処置の仕方が間違っていたために、助けられる命をも落とすことになりかねません。

 

患者の命を預かる医療従事者として、今後は救命・救急に関する措置についても、滞りなく行うことができるように定められた資格のひとつとして、ICLSインストラクターの資格が存在しています。

 

ICLSという言葉が出てきていますが、ICLSは、成人の心肺停止について特化されたBLSとALSの要素が加わったものですが、AHAでもACLSとBLSの要素が入っているものの、こちらはBLSの対象が乳児から成人までとなっており、広範囲に渡ります。

 

また、AHAとICLSでは、準拠するガイドラインに関する違いも出ており、AHAではAHAガイドライン、ICLSでは救急蘇生法の指針改定がガイドラインとなっています。
ALSの内容は、1AHAのほうがより専門性が高くて患者の症状の範囲が広いのに対して、ICLSでは、心室細動、心静止、無脈性電気活動、無脈性心室頻拍などに限定されています。

 

ICLSインストラクターと認定されるには、ICLSコースで2回以上の指導経験があること、なおかつ、日本救急医学会のICLS指導者養成ワークショップを修了している人であることといった条件を満たしていることです。

スポンサード リンク