スポンサード リンク

日本アロマテラピー学会認定看護師

日本アロマテラピー学会認定看護師は、日本アロマテラピー学会による認定資格です。
アロマテラピーと言えば、若い女性に人気が高く、香りを楽しみながら疲れを癒すといったイメージが強いですが、今やストレス社会とも呼ばれる現代社会では、心の癒しが必要とされるようになりました。

 

アロマテラピーに高い関心が寄せられていますが、単にアロマテラピーの知識や技術を持つだけでは、日本アロマテラピー学会認定看護師になることはできません。
日本アロマテラピー学会認定看護師の資格を取得するには、日本アロマテラピー学会の会員であることが条件で、医療の分野に従事している必要があります。
日本アロマテラピー学会認定看護師は、芳香療法に関する知識や技術を習得するセラピストとして、医療の現場が活躍しています。

 

これまで、日本国内ではアロマテラピーと医療との関連性が薄かったのですが、ヨーロッパでは古くから自然療法としてアロマテラピーが取り入れられています。
日本アロマテラピー学会認定看護師は、アロマの知識や技術を習得した看護師ですが、この他にも日本アロマテラピー学会認定歯科医師や保健師、助産師などがいます。

 

科日本アロマテラピー学会の会員を対象とし他認定制度として、独自のシステムが導入されており、セミナーやミニセミナー、総会に出席することで、出席ポイントを55ポイント以上ためて、なおかつ学科試験に合格することで認定され、資格が取得できるといった仕組みになっています。

スポンサード リンク