スポンサード リンク

日本癌治療学会認定データマネージャー

日本癌治療学会認定データマネージャーは、日本癌治療学会による認定資格です。
2007年に認定データマネージャー制度が発足され、これによって、認定資格として創設されました。

 

臨床試験が行われている病院などの医療機関には、データマネージャを置くことにより、新しい治療法を見出し、確立させるために、さらには研究をサポートすることを目的としています。
日本癌治療学会認定データマネージャーの資格を目指すにあたり、とくに職種による制限は設けられていませんが、おもにがんに関する治療の臨床試験に関わる医療機関の従事者を対象としています。

 

日本癌治療学会より正式に認定されるには、日本癌治療学会コメディカルセミナー、日本癌治療学会学術集会、日本癌治療学会データマネージャー教育集会に、各1回以上参加した実績を持つことが条件となります。学会での集会は、不定期に開催されており、スケジュールや内容など、詳しい内容については、日本癌治療学会の公式サイト上にて掲載されます。

 

医療系の認定資格の中では、医師や看護師を対象とした資格が多い中で、この資格は、がん治療に関する研究を中心に行う人を対象とした資格です。
がんという病気は、1度かかると手術して完治しても、再発したり、別の部位にがんができることもあります。日本版のがんにかかる人口の割合が急速に増えてきたこともあり、データマネージャーの認定資格を持ち、癌治療の研究に熱心な医療従事者のニーズが求められています。

スポンサード リンク