スポンサード リンク

日本抗加齢医学会指導士

日本抗加齢医学会指導士は、日本抗加齢医学会による認定資格として存在しています。
抗加齢医学とは、簡単にわかりやすく言えば、アンチエイジングのことを指し言葉で、日本抗加齢医学とは、まさにアンチエイジング医学という意味になります。

 

アンチエイジングという言葉を耳にすると、女性の美肌作りのためのスキンケアといったイメージがありますが、お肌の外側だけの表面上のスキンケアなら、ちょっとした心がけがあればだれにでもできることですが、体の年齢を老化させないようにふだんから気をつけることは、なかなか難しいことです。

 

抗加齢医学とは、体の老化を防ぎ、体年齢を若くするため、つまり健康な状態で寿命を延ばしていくことを基本としています。
食生活ではカロリー制限をしたり、体内に活性酸素をためないように注意するなど、元気で長寿を目指すための医学であると考えて良いでしょう。

 

「健康で長生きでいつまでも若々しく」を目指すために、抗加齢医学を実践する医師や看護師が増えていますが、日本抗加齢医学会指導士の資格取得により、患者や相談者に対して、アンチエイジングのための良きアドバイスをして、健康維持に役立てることができます。

 

日本抗加齢医学会では、認定医療施設制度や指導士認定制度などを新たに設置することに力を入れており、アンチエイジング医学を普及させて、日本国民が健康で長生きできるようにすることを目標としています。医師や看護師がもともと持っている医学的な知識とともに、アンチエイジング医学の知識を持ち、患者に指導やアドバイスを行うことで、健康な日々を過ごせるようになります。

スポンサード リンク