スポンサード リンク

日本摂食・嚥下リハビリテーション学会認定士

日本摂食・嚥下リハビリテーション学会認定士とは、一般社団法人日本摂食・嚥下リハビリテーション学会による認定資格です。「嚥下」とは、「えんげ」と読み、食べ物や水分を口の中に摂り込み、咽頭〜食道〜胃に送り込まれることを言います。

 

ふだん、わたしたち人間は、1日3度の食事について、口内に摂り込まれた水分や食べ物が、スムーズにのどから食道へ、胃に送りこまれています。
それが、なんらかの原因により、スムーズにいかなくなると、健康維持に必要とされる栄養素が摂り込まれなくなり、栄養不足や脱水症状、さらには肺炎といった病気にかかる可能性があります。
つまり、嚥下障害の状態になり、この状態が続くと、栄養が摂取できなくなり、健康維持や生命の維持にも大きく関わってきます。
日本摂食・嚥下リハビリテーション学会では、安全で豊かな食生活を取り戻し、健康維持のために、日本摂食・嚥下リハビリテーション学会認定士の資格を新たに創設しました。

 

この資格は、医療に従事する人のための資格であり、医師や看護師など医療系の資格を持つ人のための資格として存在しています。
日本摂食・嚥下リハビリテーション学会認定士の資格取得について、ご自宅でe-ラーニングで学ぶ方法があります。

 

また、日本摂食・嚥下リハビリテーション学会より、摂食・嚥下障害に関する書籍も販売されていますので、手にとって専門的な知識について学ぶことも可能です。
身体的な病気が原因で、嚥下障害になる人もいますが、心の病を抱える日本人が増えており、摂食障害になる人も増えています。日本摂食・嚥下リハビリテーション学会認定士の資格を活かして、患者に指導やアドバイスをすることにより、解決されることもあります。

スポンサード リンク