スポンサード リンク

認定看護師

認定看護師(Certified Nurse)とは、日本看護協会による認定資格で、医療のあり方が大きく変化してきたことにともない、医療現場では医療の知識や技術について専門分化や高度化が進み、看護師の質を向上させて、よりレベルアップした看護ケアができるようにといった目的から、1997年にこの資格が創設されました。

 

今や看護師と言えば認定看護師のことを指すといっても良いほど、認定看護師の名称は浸透度が高くなってきています。看護師の求人情報が多いにも関わらず、看護師は全国的に不足している状況です。また、医療機関では、質の高い看護師の人材を確保するためにも、認定看護師の資格を取得している人を優先的な採用することもあります。

 

そういった状況の中で、認定看護師の資格は、看護師にとっては必須の資格と言っても良いでしょう。
認定看護師は、ある特定の看護の分野において専門的な看護の知識と技術を活かして、看護の現場で高水準の看護ケアができるようになります。

 

それだけではなく、看護職に従事している人たちに対して、コンサルテーションを行い、指導を行うこともできますので、認定看護師の資格を取得することにより、仕事の幅が広がり、スキルアップできます。

 

認定看護師の分野は、救急看護・緩和ケア・集中ケア・皮膚・排せつケア・訪問看護・不妊症看護・糖尿病看護・透析看護・手術看護・新生児集中ケアなど、実にさまざまな分野に渡ります。

スポンサード リンク