スポンサード リンク

福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーターは、東京商工会議所 (東商) による検定試験で、3級・2級・1級試験が実施されています。
受験資格については、年齢や学歴、国籍による制限はなく、基本的にはどなたでも受験できます。1級の受験については、受験申込をする時点で、2級に合格していることが前提となります。3級と2級については、2級から受験してもかまいません。また、3級と2級について、同日に受験することも可能です。

 

福祉住環境コーディネーターとは、家族に高齢者や障害者がいるご家庭に対して、中立の立場に立って、日常生活がしやすいような住まい環境を提案する良きアドバイザーとしての役割を果たす仕事です。高齢化社会にともない、近年は高齢者のいるご家族が、在宅で介護をしているご家庭も増えてきたことから、福祉住環境コーディネーターのニーズが高まりつつあります。

 

福祉住環境コーディネーターは、介護保険による住宅改修で、ケアマネージャーと上手にコミュニケーションをとり、連携し合う協調性が求められます。福祉・介護保険で利用できるサービスなどの情報を提供すること、介護用品や福祉用具などの使用法についてアドバイスをすることもあれば、介護の状態に合わせた介護用品や福祉用具を選ぶこともあります。

 

在宅介護が必要とされるご家庭に対して、バリアフリー住宅にリフォーム、または新築する場合に、介護される人にとって住みやすい環境をコーディネートする役割を果たしています。

スポンサード リンク