スポンサード リンク

不妊カウンセラー

不妊カウンセラーは、日本不妊カウンセリング学会による認定資格として存在しています。
赤ちゃんがほしいと思っているにも関わらず、なかなか授かることができない女性が増えている中で、不妊の悩みは実に深刻なものです。

 

不妊治療を受けている女性が増えていますが、近年は弾性側に赴任の原因があるとされるケースが増えてきており、医学的な不妊治療を施すことも必要ですが、メンタルケアも必要とされるようになりました。

 

不妊カウンセラーは、その名の通り、不妊に関する相談に応じる仕事ですが、不妊カウンセラーに求められる役割は、不妊の夫婦に対して、心身の悩みや苦しみを受け止めることです。
夫婦の希望に沿うように、対応策についてアドバイスやサポートを行います。
不妊カップルのメンタル面でのケアも必要とされるのが、不妊カウンセラーの役割ですね。
不妊治療を行う上で、夫婦が納得する形で行うのがベストですよね。

 

不妊カウンセラーになるためには、日本不妊カウンセリング学会の所定の養成講座を3回以上受講することで、申請資格が取得できます。その後、認定試験に合格すると、不妊カウンセラーの資格が認定されます。

 

試験の形式は、おもに筆記試験と面接が行われていますが、筆記試験が一次試験であり、筆記試験で合格と判定された人のみが、面接試験を受けられます。
試験に合格して、不妊カウンセラーの資格取得後は、5年ごとの更新が必要となります。

スポンサード リンク