スポンサード リンク

ホームヘルパー2級

ホームヘルパー2級は、介護職の中では、介護福祉士と並んでもっともよく知られている資格ではないでしょうか。ホームヘルパー2級は、国家資格のように資格を取得するために、とくに条件が定められていないので、その点は安心ですね。

 

また、学歴や職歴、年齢に関する条件もとくに定められていないので、介護職の中ではもっとも取得しやすい資格であると言えるでしょう。
ホームヘルパー2級は、介護職の入門編といった感じで、この資格は厚生労働省が指定する養成機関に置いて、所定の講習を修了することで、資格が取得できます。

 

医療系や介護の資格には、民間資格が多い中で、ホームヘルパー2級の資格は、公的資格です。講習を受ける時間数は130時間で、短期間で取得できる資格ですから、全国各地に資格取得者がたくさんいます。

 

しかしながら、実際に介護の現場でホームヘルパーの資格を活かしている人は、取得者の割合に対しては意外にも低いのが現状のようです。
高齢化社会にともない、介護施設の数はまだまだ少なく、ホームヘルパーの数も介護をされる高齢者が多いのに対して、まだまだ人材が十分に確保できていない状態です。

 

今後は、ホームヘルパー2級の資格取得者がもっと増えて、グループホームやデイサービスセンターや老人ホーム、老人保健施設、療養型の医療機関などで資格を活かせるようになれば、ひとりひとりの高齢者に対して行き届いたケアができるようになります。

 

ホームヘルパー2級の廃止情報

スポンサード リンク