スポンサード リンク

保健師

保健師は、医療系の資格の中で看護師と並ぶ国家資格であり、重要な役割を果たしていますね。これまでは保健師と言えば、学校の保健室にいる先生といったイメージが定着していましたが、学校保健師だけではなく、近年は、産業保健師になる人も増えてきており、今後はますますニーズが高まりそうです。
学校保健師にしても、産業保健師にしても、働く職場が違うだけであり、人々の健康を守つていくための仕事をしています。

 

保健師を目指すにあたり、国家試験に合格する必要があります。
保健師を目指すには、高校の看護科で3年間みっちり勉強して、保健師になるための専門学校で1年間学ぶ方法があります。保健師になるまで4年間かかることになりますが、高校が看護科以外であれば、看護大学に進学して4年間勉強する方法もあります。

 

または、看護科のある短大や専門学校で3年間、保健師の専門学校に1年間進学すると、資格取得までに4年間かかることになります。4年制の大学で学ぶことにより、助産師や看護師の受験資格が取得できるというメリットがあります。専門学校で学ぶよりは、大学で4年間学ぶほうが、学習のカリキュラムの進み方としては、やや緩やかで時間的にもゆとりが持てます。
保健師の資格を取得した後は、病院や保健所、民間の企業、保健センターなどで活躍している保健師がたくさんいます。

 

保健師は、看護師と比較すると、勤務時間が規則正しく、看護師は夜勤など仕事がハードで、離職者が多く、転職者が増えていますすが、保健師は、勤務形態が安定していることもあり、あまり退職をする人は少ないようです。

スポンサード リンク