スポンサード リンク

IFA認定アロマセラピスト

IFA認定アロマセラピストについて、ご紹介しましょう。IFA認定アロマセラピストは、イギリスの認定資格として存在していますが、近年は日本国内でもアロマテラピーに対する関心が高まってきたことから、アロマテラピーに関する資格取得を目指す人が増えてきました。日本国内で、IFA認定アロマセラピストの資格取得が目指せる認定校が増えています。

 

世界各国で約1,500人のIFA認定資格を有するアロマテラピストのうち、日本人の有資格者が占める割合は全体の中で30%以上を占めています。
IFAとは、正式名称を「rnational Federation of Aromatherapists」と言い、国際アロマ寺ピスト連盟のことを指します。IFAが創立されたのは、1985年のことです。古くよりアロマテラピーが盛んなイギリスでは、アロマセラピスト(アロマテラピスト)を育成するための組織として、アロマセラピストとしてより専門的な知識や技術を学ぶための組織として、設立されました。

 

海外のアロマセラピーの団体としては、世界的にも最大規模であり、本拠地のイギリスはもちろん、香港、中国、シンガポール、アメリカ、カナダ、オーストラリア、チリ、日本など世界各国に多数の会員がいます。

 

IFA認定アロマセラピストを目指すには、専門のスクールに通うと良いでしょう。
アロマセラピーなどの自然療法の基礎から応用、専門的な技術などを本格的に学ぶことができます。
現代社会は、ストレス社会と呼ばれる中で、アロマセラピーは心身の疲れをとり、ストレスを和らげてリラクゼーションをすることによって、心身ともに健康を目指せます。体の健康だけでなく、心の健康の大切さが求められる中で、IFA認定アロマセラピストは大切な役割を果たしています。

 

アロマセラピストは、ひとりひとりの体の症状や精油の好みなどに合わせて、精油を調合したり、ハンドテクニックを駆使したマッサージの施術を行う仕事です。お客様と接するにあたり、コミュニケーション力も求められます。IFA認定アロマセラピストの資格を取得後は、アロママッサージのサロンでアロマセラピストとして仕事ができるようになります。また、自宅でサロンを開業するなど、幅広く活躍できます。

 

IFA認定アロマセラピストが目指せるスクールに通うには、無料資料請求をしたり、スクールに実際に足を運んで見学や体験レッスンなどを受ける機会があれば、ぜひ受講してみてはいかがでしょうか。

スポンサード リンク