スポンサード リンク

医療福祉環境アドバイザー

医療業界が今、大きく変わろうとしていますが、そんな中で医療系の資格が多様化してきたこともあり、医療福祉環境アドバイザーと呼ばれる資格が存在しているのをご存知でしょうか。

 

医療福祉環境アドバイザーとは、一言で簡単に言えば介護・福祉・医療関連の施設での環境を管理するためのエキスパートであり、病院での院内感染や老人介護施設などでの感染症対策からメンタルケアに関する知識について、習得してより良い環境を生み出すように提案・アドバイスをします。

 

医療福祉環境アドバイザーのおもな仕事は、医療機関や介護・福祉施設などで、感染症の対策を図るとともに、健康で安全な環境に関わる対策を行うことです。ですから、医療福祉環境アドバイザーとしての資格を有する人のおもな就職先は、介護施設や病院、福祉施設などが中心です。

 

医療福祉環境アドバイザーの資格を単独で有するだけでは、資格を活かした仕事に就くのは難しいかもしれませんが、看護師や介護福祉士、ヘルパーなど医療系や福祉系の資格を持っていて、医療福祉環境アドバイザーの資格を持っていたほうが、就職にはより有利になり、医療や介護の現場で資格を思う存分活かすことができると思います。

 

 

医療福祉環境アドバイザーの試験は、3級〜1級まで3つの区分に分けて実施されています。3〜1級までの合格率は、平均して70%以上で、1級の合格率も3級の合格率もほとんど変わらず、医療・福祉系の資格の中では難易度は極めて低いと言って良いでしょう。

スポンサード リンク