スポンサード リンク

JPTEC

JPTECとは、英語で「Japan Prehospital Traum Evalution and Care」の頭文字をとったもので、救急隊員など病院に搬送されるまえの救護活動に携わる医療の従事者を対象として行われる病院前外傷教育のプログラムのことを指します。

 

病院に搬送される前に、きちんとした救護措置をしておけば、助かる可能性もあったのに、適切な処置が行われなかったばかりに、助かるはずの命を落としてしまうといったケースが増えています。これを受けて、病院前救護における適切な処置について、専門的な知識と技術を習得して、医療の現場に活かせるようにすること、これがJPTECの趣旨であり、目的としていることです。

 

JPTECは、一般遮断法人JPTEC協議会が主催する認定資格であり、全国各地に現場外傷学の普及を推進するものです。重傷を負った患者は、救急車を呼んで病院に搬送されるまでの間、適切な処置が行われているかどうかで、予後を左右することにもなりますので、その責任は重大なものです。

 

JPTECは、日本救急医学会が公認する病院前外傷教育のためのプログラムで、専門的な知識と技術を習得して、資格を活かして患者に施すことにより、外傷による脂肪や症状の悪化などを防ぐことを目的としています。

 

医療の現場では、外傷の患者が次々に運び込まれている中で、傷を受けてから止血や手術などの適切な処置が行われるまでの時間が、1時間を経過すると、傷の具合によっては生命維持にも関わるものとされています。1分1秒でも争う中で、冷静に判断してすみやかに適切な処置を行い、患者の命を助けるために、JPTECの資格取得者のニーズは、今後もますます高まるものと思われます。

スポンサード リンク