スポンサード リンク

家族支援専門看護師

家族支援専門看護師とは、2008年に認定された資格であり、公益社団法人日本看護協会による認定資格です。家族支援専門看護師は、看護師の仕事の中では特殊な分野になると思いますが、病院で治療を続けていても、回復が困難とされる患者がいる家族に対する心のケアを中心に行う仕事であり、患者が亡くなった場合に、遺族の精神的なケアなどのアプローチを行う仕事を行います。
看護師として専門的な技術を活かすというよりも、メンタル面でのケアを重要視しています。

 

病気になり、とくに長期療養や長期間の入院や手術などが必要とされる場合、患者本人に対する心のケアが必要であることはもちろんですが、家族の存在が重要です。
家族と医師の間に介入して、必要に応じて調節を行うなど、コミュニケーション力か求められる仕事であり、これまでの看護師とはまち違う分野になります。

 

家族支援専門看護師のおもな業務は、患者やその家族を対象に、在宅・病院・外来・施設などでコンサルテーションを行い、家族看護の領域において、医師などの医療従事者とのコーディネーターとしての役割を果たしています。
患者の回復を促進させるために、患者の家族に対するサポートを行い、患者と家族のセルフケアに関する機能を向上させるのがおもな目的であり、家族支援専門看護師として目指すことになります。
家族支援専門看護師の認定資格は、2008年に創設されて以来、現在までに未だ資格取得者が少ない現状にあり、今後はさらにニーズが高まりつつあります。

スポンサード リンク