スポンサード リンク

がん化学療法看護認定看護師

看護師の資格の中で、今もっとも注目されているのががん化学療法看護認定看護師と呼ばれる資格です。
がん化学療法看護認定看護師は、公益社団法人日本看護協会による認定資格です。日本看護協会では、がん化学療法看護認定看護師の他にも認定資格が設けられています。がんの発症率が年々高まり、今後は3人に1人ががんを発症するであろうと言われているほどです。

 

実際に、現在の医療の現場では、多数のがん患者を抱えています。手術や薬物療法など化学療法による治療法が行われている中で、高度化・専門分化が進み、看護師が患者に対して行うケアについて、より専門的にできるように、看護師の質を向上させることを目的として設置された資格です。

 

日本看護協会の公式サイトを見ると、がん化学療法看護認定看護師の資格取得者と所属医療機関名が掲載されています。なお、情報の後悔については、資格取得者の承諾を得た上であり、強制的に公開されるものではありません。

 

がん化学療法看護認定看護師は、がんの治療において化学療法を受ける患者および、患者の家族をサポートすること、そして治療上の安全を守ることに全力を注いでいます。
がん治療では、化学療法による治療法が行われている期間と、治療後の経過観察を見守り、専門的なケアを行います。

 

化学療法で用いられる薬物は、がん細胞に直接働きかけるため、中には毒性の強いものや、正常な細胞にも働きかけることから、副作用をともなうこともあります。中には、取扱が難しく、専門的な知識が必要とされる薬物もあります。化学療法に用いられる専門的な知識と技術を学び、患者とその家族をサポートするのがおもな役割であり、認定看護師の分野として特定されています。

スポンサード リンク