スポンサード リンク

がん性疼痛看護認定看護師

公益社団法人日本看護協会による認定資格の中で、がん性疼痛看護認定看護師と呼ばれる資格が存在しているのをご存知でしょうか。
日本人のがん発症率が高くなる一方で、がんに対する専門的な知識を持つ看護師のニーズが高まりつつあります。

 

がんを発症して、手術を頻繁に繰り返したり、薬物による化学療法による副作用がつらいことはもちろんですが、がんにかかって、患者がもっともつらいのが、がん特有の体の痛みですね。がん性疼痛看護認定看護師は、専門的な知識や技術を活かして、がん患者のがん性疼痛の緩和ケアを行うのがおもな役割です。

 

患者に対するサポートとケアを行うことはもちろん、がん患者を抱えて悩み苦しむ家族への支援などを行います。看護師の中では、質の高い看護が必要とされており、がん病棟やがんセンターなどの医療機関でがん性疼痛看護認定看護師の資格を活かして活躍するナースがたくさんいます。

 

この資格は、日本看護協会による認定資格であり、認定資格を取得した看護師の看護師の質の向上を図ることを目的としていることから、認定を受けた看護師は、5年毎ごとに更新による審査を受けることになっています。更新時には、事前にWEB申請により審査料3万円を振り込む必要があります。審査の方法は、書類による審査を中心に行われています。
なお、更新審査の受験資格は、日本看護協会が独自に定めるところによるもので、詳細については日本看護協会の公式サイトでご確認下さい。

スポンサード リンク