スポンサード リンク

感染管理認定看護師

感染管理認定看護師とは、病院などの医療機関において、医師や薬剤師とともに、院内感染対策を行う看護師のことを指します。
感染管理認定看護師は、英語で「Infection Control Nurse」と呼ばれており、頭文字をとってICNとも呼ばれています。
感染管理認定看護師は、日本看護協会による認定資格であり、感染管理の業務を行う看護師のための資格として存在しています。

 

院内感染とは、病院などの医療機関においてウイルスや細菌などの病原体に感染することを指す言葉であり、医療機関で感染することを表す言葉としては、市中感染といった呼び方をしますが、これと相反する言葉であり、近年は医療機関で、院内感染によりウイルス性の病気を発症したケースがみられることから、院内感染を未然に食い止めるための対策として、感染管理をきちんと行う必要が出てきたことから、感染管理認定看護師のニーズが高まりつつあります。

 

つまり、感染管理とは、病院やクリニックなどの医療・保健施設の患者をはじめ、医療従事者などすべての人をウイルスや細菌から守るために、全力を注いでいます。
感染管理認定看護師の資格を取得するための教育課程において、微生物学、易学、感染症学、消毒・減菌などに関する専門的な知識とともに技術を習得します。
病院内でのウイルス・最近による病気の感染予防から、感染管理のプログラムの作成について、本格的に学び、習得した専門的な知識を医療の現場で活かせるようになります。

スポンサード リンク