スポンサード リンク

がん放射線療法看護認定看護師

日本人のがん発症率が高まり、がんの治療やメンタルケアに関する知識や、技術を習得した看護師のニーズが高まりつつある中で、がん放射線療法看護認定看護師の資格を取得する看護師が増えています。

 

がん放射線療法看護認定看護師とは、がん治療法の中でも極めてニーズが高いとされる放射線治療を受ける患者の看護の分野に特化しています。放射線療法に関する専門的な知識や、技術を習得した看護師として、認定されています。

 

病院で行われている放射線治療は、体外から放射線を照射する治療であり、甲状腺がんや前立腺がん、その他のがん治療でも欠かせない存在となっています。
がん放射線療法看護認定看護師が行う業務としては、がんを発症して放射線治療を受ける患者とその家族とコミュニケーションをとり、セルフケア支援を行い、放射線治療が安全な環境で行われるように努めること、そして、放射線治療にまつわる副作用の予防や症状の緩和などのケアを行います。

 

認定看護師の資格が細分化されている中で、年々がん患者が急増してきていることから、がん放射線療法看護認定看護師のニーズが高まっています。
がん放射線療法看護認定看護師は、公益社団法人日本看護協会による認定資格であり、資格取得後は、5年間は有効であり、その都度更新手続きとして更新審査が行われます。資格を取得するには、日本看護協会が定める講習会に参加して、認定審査を受ける必要があります。

スポンサード リンク