スポンサード リンク

救急救命士

救急救命士とは、医師の指示のもとに、救急・救命に関する適切な処置を行う業務に従事する役割を果たしている人のことであり、救急救命士法と呼ばれる法律に基づいて、その業務を遂行しています。

 

救急救命に関する処置は、ただちに適切な治療・処置を施さないと、その疾病や症状が著しく悪化する可能性が高く、生命の維持にも関わるほどの危険をともなう状態にあると判断される疾病、傷病者が、救急車などで医療機関に搬送されるまでに、適切な処置を行います。

 

心拍の回復や気道の確保など、緊急を要する場合に、適切な処置を行う救急救命士は、専門的な知識と技術が必要とされています。
救急救命士の資格を取得すると、救急隊員としての仕事ができるようになりますが、必ずしも資格があれば誰でもなれるというわけではありません。

 

救急T課程修了者は、消防学校にてある一定以上の専門的な教育を受けた人であり、救急U課程修了者は、消防学校で救急T課程の資格を有する人が、さらにある一定時間以上の専門的な教育を受けた人です。

 

救急標準課程修了者とは、消防学校にて救急U課程以上の教育を受けた人であり、救命救急士は、救急U課程修了者および救急標準課程修了者の資格を有する人が、2000時間以上の救急に関する業務に従事した人、または上記の資格を有する人が5年以上で、厚生労働省が指定する学校にて、ある一定時間以上の専門的な教育を受けて、国家試験に合格した人となります。

 

ですから、救急救命士を目指すのは、かなり狭き門と言えるでしょう。その名の通り、人間の生命を救うために冷静な判断力と、しっかりとした行動力が必要ですから、かなりの知識と経験が問われることになります。

スポンサード リンク