スポンサード リンク

ケア・カウンセラー

ケア・カウンセラーと呼ばれる資格が存在している中で、とくに心のケアが必要とされる時代になりました。
現代社会は、ストレス社会と呼ばれているほどで、今や3人のうち1人は心の病にかかっているとは言わないまでも、うつ状態になっているなど、ストレス状態になっていると言われています。

 

うつ病にかかっていても、自分では心の病にはなかなか気づきにくく、気分が沈みがちで心療内科や精神科の病院にかかってから、病名を診断されて初めて気づくこともあります。
病気を治す医者だけでなく、今は心の悩みを聞いてくれるケア・カウンセラーが求められる時代となりました。

 

ケア・カウンセラーの中で、今もっとも注目されているのが、ストレスケア・カウンセラーと呼ばれる資格です。ストレスケア・カウンセラーは、一言で言えばストレスをケアする専門家であり、ストレスによって、歪みがちな精神的なバランスを回復させて、自己実現能力をアップさせることを目的として、相談者に対して適切なアドバイスや指導を行います。
専門的な言葉で表現するなら、ほめぉストレッチにより、ストレスを解消、回復させるためのサポートをするのが、ストレスケア・カウンセラーのおもな仕事です。

 

わたしたちの毎日の生活の中で、常にさまざまなストレスにさらされています。
職場や学校、家庭での人間関係や金銭によるトラブルが原因でストレス状態になったり、常にストレスと背中合わせの日々を過ごしているといっても、過言ではありません。
医療や教育の現場で、ケア・カウンセラーの果たす役割は大きく、ニーズが高まりつつあります。
ケア・カウンセラーの仕事は、ボランティア精神旺盛な人や、人を癒す仕事に就きたい人、人の話を上手に聞き出せるなどコミュニケーション豊かな人に適しています。

スポンサード リンク