スポンサード リンク

交流分析士

交流分析士とは、日本交流分析学会による認定資格として存在しており、TAとも呼ばれています。TAとは、英語で「取引」という言葉を意味する「Transactiona1」と、「分析」を意味する「Analysis」という言葉の頭文字をとったものです。

 

交流分析とは、ゲーム分析・交流パターン分析・構造分析・脚本分析の4つの理論に基づいており、交流分析により、セルフコントロールが身につき、より良い人間関係を築くことのできる人を目指すといった目的で、行われています。

 

交流分析を開発したのは、アメリカの精神科医で、その人の行動のパターンから、人間を理解しようとするために実践するものです。

 

交流分析士の資格を取得するには、日本香料分析学会に入会することが条件であり、心理学に関する資格のひとつとされています。

 

現在実施されている交流分析士の試験は、2級・1級・インストラクター、准教授、教授といった段階に区分されており、この中でもっとも難易度が低い試験は2級となります。試験を受験するには、所定の講座・研修を受講する必要があります。
インストラクターを目指すには、1級を取得してから1年以上で実務研修を受けて、准教授、教授を目指すには、教授の推薦が必要で、面接と論文による審査が実施されています。

 

交流分析士の資格について、年々受験者が増加しており、心理学に関する資格の中でも、とくに注目度の高い資格であると言えるでしょう。

スポンサード リンク