スポンサード リンク

集中ケア認定看護師

集中ケア認定看護師は、公益社団法人日本看護協会による認定資格です。
近年は、医療の技術が進歩して救命医療および高度医療が発展してきました。
このような集中ケアに関する専門的な知識や技術を習得して、医療の現場で活躍する有能な看護師のニーズが高まり、新たに集中ケア認定看護師と呼ばれる資格が設置されることとなりました。

 

集中ケアとは、ICU(集中治療室)などで、集中治療が必要とされる患者に対しては、直接的には医師が治療を行い、看護師は医師の指示のもとに医療のサポートを行うことはもちろん、患者への心のケアも必要であり、治療と看護ケアを行うことを指します。

 

日本看護協会では、集中ケア認定看護師の資格を取得するための学科として、集中ケア学科と呼ばれる学科があります。集中ケア認定看護師を目指すためのカリキュラムとして、看護管理、リーダーシップ、看護論理、安全管理、人間関係マネジメント、臨床薬理学、医療安全管理、集中ケア看護概論、機能障害と看護ケア、集中ケア看護技術指導などの科目について、学んでいきます。

 

その中で、演習として集中ケア演習T・U・V・文献演習・臨地演習・学内ケースレポート発表会などが行われています。
集中ケア認定看護師の資格取得後は、大学病院や国公立病院、総合病院などのICUで働くなど、活躍の場を広げています。集中ケアは、とくに重症患者に対して行われる治療ですから、緊迫した雰囲気の中で、冷静な判断力が必要であり、患者と患者の家族とのコミュニケーションも必要とされます。

スポンサード リンク