スポンサード リンク

手話通訳士

わたしたち人間のコミュニケーションとしての手段は、口から言葉を発することで、相手の耳に伝えて、会話をしたり、文字を書くことで言葉を交わしたり、電話で会話したり、近年はパソコンやケータイの普及にともない、掲示板やチャット、メールといった通信手段が発展してきました。

 

聴覚が正常な人であればともかく、難聴など聴覚になんらかの障害がある人に対しては、音声での情報を得ることが困難であり、人と対面しての会話は難しく、筆談でコミュニケーションをとることもあります。

 

そして、手話でコミュニケーションをする人も増えており、手や表情などによるボディランゲージにより、会話をすることができます。
近年は、テレビドラマで手話を題材にしたものもあり、手や指で言葉を伝えるシーンを多く見かけるようになりました。

 

介護や福祉の現場で、手話通訳士のニーズが高まる中で、ニュースを見ていると、朱を通訳士が登場するシーンをみかけた人も多いのではないでしょうか。
手話通訳士は、自分の意思を手話で伝えるのではなく、ニュースの文章などを手話で伝えたり、人が話している言葉を聴覚に障害を持つ人に対して、手話で伝えるというものです。

 

手話通訳士の資格試験を受験するにあたり、満20歳以上の人であれば、とくに受験資格を問いません。受験しやすい試験ではありますが、合格率は3割以下ですから、難易度が高いようです。

 

手話通訳士の試験内容は、学科試験では聴覚障害者に関する基礎、国語、障碍者福祉の基礎に関する問題が出題され、実技試験と合わせて実施されています。

スポンサード リンク