スポンサード リンク

【スキルアップを目指す看護師さんのための資格】

小児看護専門看護師は、公益社団法人日本看護協会による認定資格であり、その名の通り、子供を対象とした看護のスペシャリストです。
基本的に小児看護とは、子供の病気について、専門的に看護を行うという分野であり、子供の患者の中には、言葉を話せるぐらいの年齢の子供もいれば、まだ言葉が話せず、体の痛みやつらさを泣くことでしか表現できない子供もいます。

 

とくに、難病の子供の患者を抱える機会が多く、病気にかかると、子供も不安になりますが、その家族も悩み苦しみを抱えることになります。小児看護専門看護師が医療機関において、果たすべき役割は、大変大きなものであり、責任重大です。小児看護について、医療の現場ではきめ細やかな配慮が必要とされており、大人よりも免疫力の弱い子供は、急に病状が進行することもあります。看護師としての高度な知識と専門的な技術はもちろん必要ですが、患者とその家族に対しての心のケアが必要であり、人を癒す力が必要とされています。

 

小児看護専門看護師を目指すにあたり、看護師の実務経験も必要であり、病院の小児病棟や、小児科専門の個人医院などに勤務するなど、小児看護に関する実績が必要です。
さまざまな専門看護師の分野の中でも、小児看護については、言葉を話せない年齢の子供に接する機会も多いことから、非常に難しい分野でもあります。
小児看護専門看護師の資格の取得後は、5年ごとに更新手続きが必要であり、審査があります。

スポンサード リンク