スポンサード リンク

小児救急看護認定看護師

小児救急看護認定看護師は、その名の通り小児救急に関するスペシャリストであり、小児初期における救急の重症症例について、その緊急性をすみやかにかつ的確に判断して、看護師としての高度な知識と技術をもって、子供が健全に育つために、必要な環境作りを行うための役割を果たしています。

 

小児救急看護認定看護師は、数多い認定看護師の中の資格のひとつであり、日本看護協会によって認定された資格として、存在しています。受験資格は、看護師の資格を有する人で、通算で3年以上の救急看護に携わってきた看護師、または小児看護の分野においての看護師としての実績を有すること、小児救急患者および家族の看護に携わった経験が、5症例以上あることなどが条件となっています。

 

小児救急看護認定看護師の資格は、2006年4月より認定されており、まだ認定された看護師の数が少ない分、ニーズが高い資格であると言えるでしょう。
日本看護協会の認定看護師の受験資格は、看護師・助産師・保健師のいずれかの国家資格を有することです。

 

また、認定試験について、専門的な分野の違いなどにより、受験資格が異なる場合があります。
小児救急看護認定看護師は、平成19年度の時点では、全国で15名でしたが、近年は少しずつ認定看護師が増えてきてきます。
この資格を取得するには、日本看護協会が実施する所定の研修やセミナーを受講して、修了した人となります。詳細については、同協会の公式サイトをご参照下さい。

スポンサード リンク