スポンサード リンク

精神対話士

精神対話士とは、財団法人メンタルケア協会による認定資格で、一言で言えば心のアウトリーチのエキスパートであり、心の悩みを抱えている人に対して、暖かい雰囲気の対話を通して、患者の気持ちを受け入れること、そして、患者が毎日充実したより良い生活を過ごせるように、精神面での支援を行う仕事です。

 

精神対話士は、対人関係に悩んでいる人やホスピスに入居している人、心の病とまではいかなくても、家庭や職場、学校などで精神的にストレス状態に陥っている人、介護疲れでストレスがたまっている人、引きこもりの人などに対して、医療に関する技術ではなく、ストレスケアの観点に基づいて、心の悩みや重みを軽くして、明るく生きる企保ヴが見いだせるためのサポートを全面的に行います。

 

精神科医や心療内科医は、心理学や精神医学などに基づいて、カウンセリングを行い、治療薬を処方していますが、メンタル面のケアという観点では、医師のサポートだけでは不十分であると言えるでしょう。
ストレス状態になり、職場や学校、家庭での悩みを抱えている人は、自分の心の病について診断を下して薬物を処方する医師よりも、親身になって心の悩みを苦しみを聞いてくれて、暖かい言葉をかけてくれる人を求めています。

 

精神対話士を目指すにあたり、メンタルケア協会による養成講座の基礎と実践について本格的に学び、試験に合格した人に資格が付与され、資格取得後は5年ごとに更新手続きが必要となります。

スポンサード リンク