スポンサード リンク

精神保健福祉士

精神保健福祉士は、精神医療関係の資格の中では国家資格であり、資格取得者は、精神保健福祉領域におけるスペシャリストとして、幅広く活躍しています。
精神保健福祉士は、精神科のソーシャルワーカーとして業務をこなしており、「PSW」とも呼ばれています。PSWとは、「Psychiatric Social Worker」という言葉の頭文字をとったものです。

 

精神保健福祉士の資格取得後には、精神科のある病院やクリニック、グループホームやケアホーム、福祉施設、地域活動支援センターなど介護・福祉の現場、精神保健福祉センター、福祉事務所、保健所などの福祉行政機関、矯正施設、保護観察所などの司法施設で働く人もいます。

 

精神保健福祉士の資格を有する人は、全国で約52,000円でそのうち男性が16,000人、女性が約36,000人となっています。
精神保健福祉士が、看護師と大きく異なる点として、基本的には常勤で1か所の職場で仕事をしている中で、委託を受けて特定の会議に参加するといった業務が発生することもあります。

 

精神保健福祉士は、精神障害者の相談に応じること・適切なアドバイスや指導を行うこと、日常生活を送る上で支障が出ないように、必要とされる訓練を行うなど、重要な役割を果たしています。

 

精神保健福祉士は、精神的な障害を持つ人に対してだけでなく、医療機関を受診するに至らない程度の人にも、さまざまなサポートを行います。
精神保健福祉士を目指すには、毎年1月下旬に実施される国家試験を受験して、合格する必要があります。

スポンサード リンク