スポンサード リンク

透析看護認定看護師

現在、透析の治療を受けている患者は、全国で約26万人いると言われており、透析の治療を1度始めると、一生続けなければならないとされています。年々約1万人ずつ透析患者が増えており、1週間に2〜3回のペースで透析治療に通う人もいれば、2日に1回、ほぼ毎日通っている人もいます。

 

そのような現状の中で、透析に関するスペシャリストである透析看護認定看護師のニーズが高まりつつあります。透析看護認定看護師は、臨床の分野から総合的に判断して、ひとりひとりの患者に対して、適切なアドバイスや指導を行い、透析の技術を提供しています。

 

透析による治療を受けている人は、腎機能が弱い人や、糖尿病の合併症により、腎機能が著しく低下した人などです。透析の治療が初めての人は、これから一生透析治療を受けなければならないと思うと、不安にかられ、精神的にも不安定になる人も少なくありません。

 

ひとりひとりの患者の心理状態なども察知しながら、患者の立場に立って暖かい言葉をかけて、患者の不安を取り除き、安心感を与えることも、透析看護認定看護師の果たすべき大切な役割であると言えるでしょう。

 

透析看護認定看護師は、認定看護師の資格のひとつであり、日本看護協会によって認定されている資格です。透析看護認定看護師の資格取得を目指すには、日本看護協会が独自に定める受験資格をすべて満たす必要があります。また、所定の講座を受講する必要があります。
資格取得後は、病院や泌尿器科などの医療機関で透析治療室で専門的な知識と技術を活かして働くなど、活躍の場が広がります。

スポンサード リンク