スポンサード リンク

介護福祉士

介護福祉士は、介護に関する資格の中では国家資格であり、社会福祉士と並び、医療や介護の現場ではニーズの高い資格ですね。
介護福祉士の資格が創設されたのは1987年のことで、介護に関する専門的な知識や技術を活かして、精神気・身体的な障害がある人に対して、ひとりひとりの状態に合う介護について、提案して、介護が必要とされる家族から相談を受けるなど、介護をしっかりサポートする業務を行っています。

 

高齢化社会が今後はますます深刻化し、さらに少子化が進んでいく中で、介護福祉士のニーズは、今後ともますます近まることでしょう。
介護福祉士の資格を取得するにあたり、介護に関する実務経験が3年以上であること、高校や大学、専門学校などで福祉に関する所定の教科目の単位を取得しているなど、受験資格が設けられていますので、満たしている人でなければ、受験することはできません。

 

介護福祉士とよく比較される国家資格には、社会福祉士がありますが、この違いはどのようなところにあるのでしょうか。
社会福祉士は、福祉に関する相談を受けて、アドバイスや指導を行うのに対して、介護福祉士は、介護が必要とされる人の入浴や排せつ、食事など介護に関する相談を受けて、アドバイスするなど、福祉と介護の分野にきっちり分かれているといった違いがあります。

 

現在までに介護福祉士として登録されているのは、全国に約50万人、社会福祉士は約10万人ですから、今後はますます介護の現場で専門的な知識が活かせる介護福祉士のニーズは、高まることでしょう。

スポンサード リンク