スポンサード リンク

認定心理士

認定心理士は、社団法人日本心理学会による認定資格であり、心理学においての基礎的な知識を持つといった資格であり、認定心理士事態が職業化されたものではありません。
資格の分類では、民間団体による認定資格ですから、民間資格ということになります。

 

日本心理学会によると、認定心理士とは心理学のスペシャリストとして仕事上で関わっていく上で、最小限必要とされる知識や技術を修得している人であると認められた人とされています。

 

認定心理士の資格申請の流れについて、ご紹介しましょう。
日本心理学会にて、認定心理士資格申請書の書類を入手して、申請書を提出して審査料を振り込みます。
その後、同学会より受付通知が受領され、審査後に合否が判定されます。不合格と判定された場合は、再申請手続きを行うことも可能です。合格した場合は、認定料を同学会に振込み、確認された後、認定証とIDカードを受け取ることができます。

 

実際に、認定のための資格試験が実施されることはなく、ある一定条件を満たしているかについて、学会より判定されることになります。
認定心理士の資格の申請について、大学を卒業する前に申請する、大学を卒業した後に申請する、もうひとつには資格申請時に、日本心理学会に連続で5年以上、正規会員である人が資格審査を受けることが可能です。

 

認定心理士の資格取得後は、カウンセラーや相談員として企業や福祉、介護、医療の現場で働くなど活躍の場が広がります。

スポンサード リンク