スポンサード リンク

皮膚・排泄ケア認定看護師

皮膚・排泄ケア認定看護師は、日本看護協会による認定資格のひとつで、ストーマケア、失禁ケア、創傷ケアなどに関する専門的な知識と技術を修得した看護師のことを指します。
皮膚・排泄ケア認定看護師は、病院のストーマ外来などで働いている人もたくさんいます。人工膀胱や人工肛門をつけた患者が、快適な毎日を過ごせるように、患者のサポートを行っています。

 

人工肛門や人工膀胱をつけたあとに、排せつ物が漏れるトラブルを防ぎ、皮膚のかぶれのケアを行い、清潔に保つなど皮膚・排泄ケア認定看護師の果たす役割は大きいものです。
皮膚・排泄ケア認定看護師は、寝たきりの患者に床ずれの予防や創傷ケアを行うことも大切な役割のひとつです。

 

床ずれによる皮膚の損傷のことを褥瘡(じょくそう)と呼び、床ずれができやすい患者に対して、予防ケアに関する方法について、計画して適切な指導やアドバイスを行います。床ずれで褥瘡になると、痛みやかゆみがひどくなり、なかなか治りにくくなります。
寝たきりになった患者本人もつらいですが、家族も大変つらい思いをします。
床ずれを未然に防ぐために、床ずれを引き起こしにくい寝具の選び方や、寝るときの姿勢などについて、適切なアドバイスを行います。

 

高齢者は、とくに皮膚が薄くなりますので、同じ姿勢をとっていると、床ずれになりやすく、スキンケアに関するアドバイスを行うこともあります。
排便・排尿に関するケアとして、失禁する方には、患者に合った失禁装具を選ぶなど、日常生活が快適に過ごせるように、適切なアドバイスや指導を行います。

スポンサード リンク